« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月15日 (月)

Oyaji Band の誘い

世間は

バンクーバー・オリンピックとか

バレンタイン・デーとか


盛り上がってるようですが、

冬期五輪はフィギュァくらいしか興味がないので、

まだまだお楽しみは先ってとこ。


サッカーの韓国戦も

「なんだかなー」って感じで…。相点のディフェンスが整うまでボール回してどうする?

それとも、引いて闘う相手を想定した練習試合のつもりだったのか??


ま、ええけど。


週末に楽器屋でギターいじってたら、店員さんに

「よかったら参加してみませんか?」って

こんなん、渡されました(↓)。


Oyaji_band


「オヤジ バンド」ですか…

「40歳以上の人が一人でもいればいいですよ」

って、なんか微妙だ。 オラ、44歳なんすけど…


っつうか、3月21日開催って、すぐやん。

まだ、バンド組んでもないのに…(ちなみにそういうお誘いの話はある)。


まぁ、まだ無理やな。

さしあたっては、追いコン2次会カラオケのネタ仕込みせねば…

忘年会と同じでは面白くなかろう。

ぢゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月13日 (土)

偽善

ま、いろいろ意見はあると思うけど、これはアカンやろ。

シー・シェパードがロケット弾で日本船を攻撃

日本人は、犬以下の扱いだからね。

それと、酪酸は、

皮膚や粘膜に対する腐食性があり、水生生物に有害。 ICSCでは「漏洩物処理」項目で、
環境中への放出を禁じている。

なものなんで、こいつらのやってることは支離滅裂。

ついでに言うと、

動物殺すのかわいそうっていうベジタリアンの人(そうでないベジタリアンの人もいるけど)、

植物も生きてます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

寒い

心も体もお財布も寒いのですが、

お天気の方も寒いですね。


オラのオフィスは北側で4階建ての4階の端っこなので、

冬はめちゃめちゃ寒い、っつうか、エアコンつけても部屋が暖まらん。

足下には電気ストーブです。

京都に下宿して一年目を思い出す。


初めての冬、

寒くて眠れませんでした。

オラの下宿は、ワンルームマンションなんてオサレなもんではなく、

築何年か分からんような、オンボロ木造住宅。

昔の家を、それぞれの部屋に鍵をつけただけ。

窓は板ガラス。

オラの部屋は東に面してましたが、

30センチほどの隙間だけあけて、隣の建物がドーンとあったので、

一日中、全く日は当たらず、

なんて部屋でした。

京都の古い家は、

「夏用」

に作られているので、

冬は寒いのが当たり前なんですが、

あまりに寒くて、温度計(なんで持ってたかは、また今度)見たら、

ほぼ 0℃

そりゃー、さみーわ。

おまけに、石油ストーブ禁止だったので、

暖房器具は

一人用炬燵のみ。

まー、4畳半一間だったので、

机とベッドと炬燵とタンスと本棚でもうめいいっぱいというか、

座ったまま、全てのものに手が届くって感じ?

ま、何にせよ、南国育ちのオラには

京都の冬は厳しかった。

まー、今じゃ、京都が一番長いんだけどね。

ちょいと、思い出話でした。

ぢゃ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月 9日 (火)

DQN教授 発見!!

ま、多くは語るまい。


とりあえず、受信料返せや。

第1110回経営委員会議事録


月2回(1回1~数時間)で報酬が年に2千万以上って、しかもこれ副業でしょ。どんだけおいしい仕事だよ。

しかも、中身は小学生の学級会並。

安田君はDQN認定(↓)

日本は、いつの間にか文明が成熟しているので、今の日本の若者の接触者率を増やさなければならないとか言っていますが、私は、今の若者に徴兵制はだめとしても、徴農制とか、徴林制とか漁村に行けとか、そういう法律で、テレビの番組も何時から何時まできちんと見るということにすればいいと思います。この番組を見なければ会社に就職させないとか、抜本的に政策を変えないと、日本は本当に大変なところへ行くのではないかと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

子供手当

あちこちで批判されてるけど、

まさか、ホントに親に現生支給なんてオバカのようなことしないよね。

それと、本来の趣旨からすれば、こういう子供達こそ「支援」が必要なんでないの?

<子ども手当>親「不詳」は対象外 施設入所の2千人


施設が着服なんていうなら(多分、言ってないけど)、

イパーン人の親に支給される分だって

親が「着服」して、パチンコ代やら酒代に変わるんじゃね?

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2010年2月 8日 (月)

ラボお引っ越し中

まだ、終わっとらんのかい!と言う声が聞こえてそうですが、

ええ、まだです。

始め、引っ越し業者に見積もり頼んだら、ちょっと金額がでデカかったので、

個別のメーカー、業者さんに頼んで、何か納品したりするときのついでに運んでもらってたりするので、一度に、バーっというわけにもいかず、

スケジュール調整に難儀してます、はい。

大きなもんはほとんど運んだんだけどね。

一台、古い遠心機を運ぶかどうかで、検討中。

本体はスンゲー古いのだけど、まだ使えると思って、その遠心機で使えるロータを買ったからね。前のロータ、傷入ってて危険だったし。

で、このロータっていうのが、「消耗品」扱いなんだけど、

チタン製だったりして、一個、70万とか80万とかするのよ。

もったいねーじゃん。

でも本体の方は、今度故障したら多分交換できる部品がもうない。

というわけで、業者さんと検討中。

マウスも移さんとアカンしな。

ま、色々ストップしてるよ。

この時間を利用して、

数学の勉強を…なんて目論見てたんだけど、

いきなり最初でつまづいた。

だって始めが「m x n 次元の行列」なんだぜ。

大学入って教養の数学でつまづいたのと同じパターン。

ま、でも今回は、物理のための数学なので、多くても11次元。

充分でかいけど、具体的だからなんとかなる… かなぁ。

しかし、俺たちの住んでるこの世界が空間3次元+時間1次元の「4次元」でなくて

「11次元」の世界だとは、よう分からん。

イパーン向けの解説書には、他の次元は「巻き上げられてる」とか書いてるけど、

やっぱ、ここは「数式」で理解せんとホントに分かったことにはならんのだろうな。

この辺は、人間の「直観」を超えた範囲だし。

なかなか上手い例えで記述してあるんだけど、やはりイマイチ、ピンとこない。

教養のときに、物理も数学ももっとちゃんとやっとけばなぁって、

何でもそうだけど、後になってアレ使えたなぁというのが多いな。

ま、俺らの頃は、教養の数学なんか、いきなり m x n 次元とか、特異点とか、高校数学からの橋渡しすっとばして、全く意味不明の講義だったし。

今使ってる参考書でも、べき級数展開使って、数式を計算可能な近似式に置換するとこでてくるけど、例題読んで、分かった気になっても、問題が解けん。

実験の方は、院生も学位とって修了なので、兵隊がおらん。

おもろいテーマがまた浮上してきて、早いとこやってしまいたいんだけどね。

プロジェクトだけは増える一方だな。今月中旬には、なんとか使えるようにしたいもんだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »