« ムハハ | トップページ | ん!? »

2009年12月14日 (月)

机上の空論

拙ブログを読んでくださっている方々は、大部分の人が運転免許を持っていると思う(違ってたらご免なさい)。

で、これまた、教習所に通って、免許センターでの実技試験(相当難しいらしい)免除で取得した人ばかりであろう。

教習所で習う、運転技術で多分一番苦労したのが「坂道発進」(当時はマニュアルしかなかった)。

では、2番目は何か?




オイラは、「縦列駐車」でした…。

んー、何かね、路上では結構目印あるんだけど、教習所内のコースって、前後に車が止まってるわけでもないし、建物もない。ま、路上でも得意なわけではないですが、少なくとも隣に教官が乗ってるわけではないので、気にせず、自分のペースでできる。

そんな「縦列駐車」を『完璧に』できる方法(?)を見出したという記事があった。英国発である。

「縦列駐車の完璧な公式を発見」

イギリスの数学者である。

「おっさん、何してんねん!」と突っ込みたくなるとこだが、
数学的な価値はともかく、「社会貢献」は大きいだろう、この通りにドライバーが車を操れるのなら…。

で、オチが

「同教授自身はまだ、試していない。」

って、オイ…。

|

« ムハハ | トップページ | ん!? »

コメント

>cqradioさん
どちらでも書きそうなショートショートですね。どちらかというと、星新一っぽいような気がするけど。ま、基本、ドタバタ、ナンセンスなんで、面白いって思えるのと、よう分からんっていうのに分かれます、彼等の書いたものは。

投稿: iMac | 2009年12月14日 (月) 22時10分

星新一の小説だったか筒井康隆の小説だったか忘れましたが、物理学者がパチンコ屋にやってきたという内容の短編を思い出しました。最後の「1000円すった」の一言が笑えました。

投稿: cqradio | 2009年12月14日 (月) 21時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24769/32602189

この記事へのトラックバック一覧です: 机上の空論:

« ムハハ | トップページ | ん!? »