« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月31日 (木)

皆さん、良いお年を

2009年も今日で終わりである。

今年も色々なことがあった。

夏に25年ぶりの高校の同窓会があったのに、参加できなかったのは残念だが、

それを機会に、また連絡を取り始めた友人ができた。

また、悩みを聴いてくれる人が一人増えて、

大変に喜ばしい。

こうやって、俺は友人達に支えられて生きている。

さて、世間は年末年始で、ほとんどの人が休みなのだろうが、

俺は、昨日、実験(PCRによるgenotyping)に失敗したので、

今日は、それのやり直しである。

単純な実験なのだが、新しく買ったマシンを使うと早く結果がでるので、

そいつを使ってみた。

今までのものだと3-4時間かかるところが

1時間以内で済んでしまうという優れものである。

ただ、専用のチューブと酵素、バッファーを使わなければならないことになっている。

今回のgenotypingは、ちょっと特殊なキットを使っているものだったので、

条件決めの予備実験を先にやるべきだったのだが、

それ程数が多いわけでもないので、

まぁ、やってみようかって感じでやったら、

二つ出るはずのバンドが一つしか出なかった、というか、小さい方のバンドがあるのかないのかはっきりしない。

大きい方のバンドだけという可能性もあるので、全くの失敗というわけでもないのだが、

両方出るやつ(ヘテロ)が目当てなので、

組織からDNAを抽出するとこから、やり直すことにした。

そういうわけで、今は待ち時間なのである。

この分だと、明日も実験かなぁ~


では、皆さん、よいお年をお迎えください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月29日 (火)

アヘン戦争を忘れるな

ちょいと気になったニュースがあったので、備忘録がてらアップしておきます。読みにくかったら、クリックしてリンク元見てね。

1840年のアヘン戦争の原因:茶などの輸入で貿易収支が赤字になった英国が、国を挙げて中国に麻薬(アヘン)を密輸し(インドを使った三角貿易)、それを厳しく取り締まった中国に因縁つけたことだったと記憶しているが。

しかも、それで中国が実質的に負けたというか…。ひでぇことするな…。

アヘン戦争(Wikipedia)

中国、英国人の死刑執行=ブラウン首相が非難声明(←お前が言うな)

12月29日13時28分配信 時事通信

 【北京時事】AFP通信によると、ブラウン英首相は29日声明を出し、中国当局が麻薬密輸罪で死刑判決が確定していた英国人アクマル・シャイフ死刑囚(53)の刑を執行したと発表。「われわれの釈放を求める要求が認められなかった」と失望をあらわにするとともに、「最大限の強い言葉で執行を非難する」と述べた。これに先立ち、中国国営新華社通信は最高人民法院(最高裁)が同日、死刑執行を承認したと伝えていた。英メディアによれば、中国で欧州の市民が死刑を執行されたのは過去50年で初めて。
 シャイフ死刑囚は2007年9月、タジキスタンの首都ドゥシャンベから航空機で中国新疆ウイグル自治区ウルムチの空港に到着した際、携帯していたスーツケースにヘロイン4キロを所持していたとして、昨年の一審で死刑判決を受け、今年10月に刑が確定した。
 北京の英国大使館と人権団体は同死刑囚に精神疾患があるとして、精神鑑定を申請。ブラウン首相も死刑を執行しないよう中国に要請した。しかし、最高人民法院は同死刑囚の精神状態に疑いを抱かせる理由はないとして、申請を却下した。
 同法院は「麻薬犯罪は国際的にも重大な犯罪で、国籍の異なる者に対してもすべて法に基づき処理されなければならない」と指摘。「死刑適用は麻薬犯罪の防止に有益だ」と強調した。
 国際人権団体アムネスティ・インターナショナルの発表では、08年に中国では世界最多の少なくとも1718人の死刑が執行された。中国は死刑執行抑制の姿勢をアピールしているが、今回の死刑執行を受け、改めて「死刑大国」として非難する国際社会の声が高まりそうだ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

忘年会~その2~

えー、引き続いて忘年会です。

今回は学部学生の企画したものに呼んで貰いました。

人数は、総勢60名ほどの大宴会

一次会は、普通の忘年会でしたが、

二次会は、やはり、カラオケ。

オイラは、今回、眼鏡を外して、コンタクトつけていったのですが、

「あれぇ、センセー、眼鏡は~?」

という学生の質問に対して

「カラオケに行けば分かる」

と答えておきました。

一曲目はもはやオイラのテーマソングとなった爆風スランプの

「ランナー」

そして、このためにコンタクトしてきた

長渕剛の「とんぼ」

サングラスかけて歌いました。

学生からは

「このためだけですか~?」との声も聞こえてきましたが、

「そうです、このためだけです」と

キッパリ。

歌詞もちょっと変えたけどね。

前回の忘年会カラオケは12時半でお開きでしたが、

昨晩は

午前3時まで歌ってました。

喉、つぶれた…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月28日 (月)

忘年会狂想曲

はい、昨晩、忘年会やりました。今日も忘年会ですが。

一次会は普通に食べて飲んで、喋って とごく普通に過ごせました。

二次会は


お待ちかねの


カラオケです。

しかし、一次会で既に


「出来上がっていた」人々


次々と壊れていきました。


こんな感じ ↓

都合により写真は削除致しました

その後 ↓

都合により写真は削除致しました


准教授Aの熱唱 ↓

Dscf0141_2

学生 I 撃沈 ↓

都合により写真は削除致しました

この後、復活して、また大暴れしてました。

最後はみんなで「リンダ、リンダ」を大合唱して

4時間のカラオケタイム終了。

疲れた…

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年12月27日 (日)

誰が反米だって?

久しぶりの真面目なネタ。

寺島実郎氏(日本総合研究所)が反米過ぎるということで、政策ブレーンからはずされそうなんだけど、この人のいうこと、特にエネルギー政策に関しては

「世界潮流と日本の進路-21世紀に期待される科学技術外交-」
第1回「電気自動車と再生可能エネルギーがリンクすると」

にあるように、日米が協力し合うべきと考えているようなんだけど、どっかで反米的な発言でもあったのかな?

少なくとも再生可能エネルギーへシフトしていくことは、今後、非常に大切なことだと思う。

石油利権に群がってる人達は困るだろうけど。

と言うわけで、寺島氏が「反米」っつうのも、利権亡者どものプロパガンダなんじゃないの?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年12月26日 (土)

研究な日々

あー、

世間では冬休みやら、クリスマスとやらで皆、浮かれてたり、のんびりと休んでいる人も多いようですが(勿論そうでない人もいる)、

会議や講義・実習のない、この時期こそ研究が捗るのだ。

いやね、

所属が変わってからも元のラボの院生の指導とかしてたんだけど(給料下がったけど)、

その院生の論文が通って、めでたく今年度内に学位が取れる見込みと相成りました(パチパチ:拍手)。

卒研の人も12月末が締め切りで、もう原稿書き上がったし…。

というわけで、新しい場所へお引っ越しです。

出入りの業者に頼んだら、量が多いのとデカいものが多いので、引越専門の業者に頼むとのこと。

そいで、見積もり出して貰ったら

なんと50万円もかかるとのこと。ゲェーっ

同じ大学内なのに…

そいで、自分達で運べるモンは自分達で運んで、

問題は大型のフリーザー(-80度)。

ちなみに3台あります。

行き先でも、置き場所がなくて、相談中。

あと、それぞれのメーカーに直接問い合わせたら(お前んとこで買うたもん運ぶんで手伝ったらんか~い)、

結構、無料でやってくれるとこがありまして、

日がバラバラになるけど、別に急いでないし、ただで運んでもらえる運びとなりました。

あー、話題がそれた。

そいで、その問い合わせの度に(電話)

「センセーは年内いつまでお仕事されてますか?」

と一々訊かれる。

「31日まで、働いてます。多分正月も働いてます」

と答えておいた。

ここ3週間くらい、土日も休まず実験してますが、

或る実験の条件が、悪いみたいで、

いくらやってもデータが取れない。

先行論文があるので(見たいことは違うけど)

同じ条件でやってるのに、全然アカン。

っちゅうわけで、今日は、全く別のやり方で再々々チャレンジ中。

positive controlがないのが痛いが。

いくら失敗しても、生きてる人間相手じゃないから、

訴えられることもないのですが…。

上手くいかないと、フラストレーションが溜まります。

フラストレーションが溜まると

YTに合わせて、絶叫すると、すっきりします。

試してガッテン。

ぢゃね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月24日 (木)

あうー

楽しみにしていた

カラオケ・パーティ

中止となってしまいました。



これも一重に、オラの不徳といたすところであります。

しかし、

オラの忘年会の正念場は

今度の日、月でありんす。

日曜は、酒飲みがつぶれて終わりかもしれんけど…。

月曜は、学生さん達と、というか、学生さん達企画の忘年会。

さぁ、二次会のカラオケに何人埒ることができるか?


今年もOセンセーを埒れるか(そして中島みゆき「エレーン」を熱唱するのか)

来週に備えて、今日もxxxxしる。

ぢゃね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月19日 (土)

ん!?

班会議のため、東京に出張。

初日(17日)は公開シンポジウムで、一般の人にも分かるようなトークのはずだったが、ほとんど「一般人」いなかったような…。

東京でミーティングやることが多いとはいえ、そうそう来るわけでもなし。年に数回程度。

で、久しぶりに東京に住んでる友達に会うことにしていた。

普段はメールや電話のやり取りだけで、リアルに会うのは、久しぶりやな~。前会ったのいつだっけ?

まぁ、色々話をしたけれど、何を話したかは秘密なのである。

18日夜も、高校の同級生(というか、同じ時に生徒会役員を一緒にやっていた)に会う約束をしていた。

こちらは、宿が浅草に近かったので、浅草で食事。

雷門、初めて見た。

食事は、まずまずだった。ちょっと高かったけど。場所柄、しょうがないね。

で、ホテルへ帰る途中で目撃したのが

  これ↓

Unnko

iMac「え、これってウ○コやん!」

K「やろ!?俺もそう言ったら、嫁さんに怒られた。下品なこと言うなって」

iMac「でも、ウ○コにしか見えへんよなぁ」

などと笑いつつ、帰った。

早速、調べたのか、Kからメールで作者の名前を教えて貰った。フィリップ・スタルクとかいう人の作品だそうです。

でも、みんな思うことは同じみたいで、「フィリップ・スタルク 浅草」でググると

いっぱい、「ウ○コ」が出てきます。

ちなみに昼間は、こんな風です↓(画像は拾いもの)

Unnko2

色と言い、形と言い、……。

なんかしらんけど、フィリップ・スタルクさん、グッジョブです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年12月14日 (月)

机上の空論

拙ブログを読んでくださっている方々は、大部分の人が運転免許を持っていると思う(違ってたらご免なさい)。

で、これまた、教習所に通って、免許センターでの実技試験(相当難しいらしい)免除で取得した人ばかりであろう。

教習所で習う、運転技術で多分一番苦労したのが「坂道発進」(当時はマニュアルしかなかった)。

では、2番目は何か?




オイラは、「縦列駐車」でした…。

んー、何かね、路上では結構目印あるんだけど、教習所内のコースって、前後に車が止まってるわけでもないし、建物もない。ま、路上でも得意なわけではないですが、少なくとも隣に教官が乗ってるわけではないので、気にせず、自分のペースでできる。

そんな「縦列駐車」を『完璧に』できる方法(?)を見出したという記事があった。英国発である。

「縦列駐車の完璧な公式を発見」

イギリスの数学者である。

「おっさん、何してんねん!」と突っ込みたくなるとこだが、
数学的な価値はともかく、「社会貢献」は大きいだろう、この通りにドライバーが車を操れるのなら…。

で、オチが

「同教授自身はまだ、試していない。」

って、オイ…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月12日 (土)

ムハハ

オイラ、中学の時、運動会で








女装させられました…。

あと、アメリカに単身で住んでたとき、アパートをシェアしていたルームメイトとその友人達と一緒に「シェイクスピア」の劇の台詞の練習をやったことがあるのですが、


何故か、オイラは女性の役

めい一杯ウラ声を使って演じましたが、

笑いの渦が湧き起こっただけでした。

いや、こっちは真面目にやってたんですよ、ウケねらいとかではなく。

しかし、この人、これで誤魔化せると本気でおもったんでしょうか?思ったんでしょうね、きっと。うん。

<無免許>31歳男逮捕…「私は女」

ってなー。無理だろぜってぇー。

相手をした警官の人もよく真面目に対処したな…。

あ、「真面目に」対処したかどうかは、記事からは分からんわ。

ま、別にどうでも良いニュースだけど、

こういう馬鹿馬鹿しさが、実は好きだったりする。

毎日「変態」新聞、ぐっじょぶ!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

もうすぐクリスマス

昨晩、御池通りを通った。

イルミネーションが綺麗で、とても幻想的だった。

「あー、もうすぐクリスマスなんや~」って思った。

いつもは、クリスマスになると浮かれてる連中見て、

お前ら、クリスチャンじゃねーだろ!」と突っ込んでいるのだが…。

じゃ、お前はどーなんだって言われると

意外かもしれないが、

オイラは、元クリスチャンである。

幼稚園はカトリック系だった。

何の意味があるかも分からず、

「父と子と聖霊の御名によりて、アーメン」とお祈りしてた、毎日。

マリア像もベッドのヘッドのところにおいていて、毎晩

「おやすみなさい」と言っていた。

小学校では、剣道をやっていて、「武士道精神」を叩き込まれた。

高校のときは、自ら、モルモン教の戸をたたいた。

でも、そこにオイラの求める「真理」はなかった。


あ、気がつくと堅苦しい話になってる(根が真面目ですから《爆》)。


そんなことは、ともかく


楽しくパーティができれば、いいじゃん。
(また、堅い話になるが、日本ってほんとに外来の文化をうまいことアレンジして自分達の生活に取り入れるよね。この辺の民族性は、内田樹の「日本辺境論」に記されている。)

クリスマス前に、


カラオケパーティがありますが。


そこで、燃え尽きるかもしれません(笑)。

しかし、その後に、もっと激しい忘年会が…

こちらは、日本オリジナルっぽいな。

オイラは酒が飲めないので、

酔って壊れていく人を観察するのが、好きです。

もっとも、周りの人から見ると、オイラは

酔っぱらいより壊れているように見える」そうですが。

今年は例年以上に気合いが入っています。


ぢゃね!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年12月 9日 (水)

笑うしかない…

某大学医学部「僻地」枠、志願者が激減したそうな…

「ふるさと枠」志願急減

>制度や入試方式に対する理解が進まず、

いや、むしろ理解が進んだからだと思うのですが、何か。

せめて研修だけでも、症例数が多く、医師としての研鑽が積めるような病院で行って、その後当該地域に戻るような仕組み、そしてその後も定期的に「教育病院」に研修に行ったり、学会(海外含む)へ行けたりすることを保証してあげれば良いものを…

こういう事、考えてる人達って、想像力が足りないのかな?
よく分かりません。

何故、僻地の病院に医師が来たがらないか、理由を聞いてみてあげることから始めたらどうなんですかね。ネットでも、そういった意見はすぐ拾えると思うけど。

ま、頑張ってください(方向性間違ってるけどね)。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年12月 8日 (火)

う~ん、なんだかなぁ

お金が全てではないけれど、公務員の給与が高すぎると批判している人の給料(ボーナス)がこれではねぇ。
なんか全然説得力ないよ。

ちなみにオイラは44歳大学教授(準公務員、または見なし公務員と言われている)で、この冬のボーナスは80万くらいです。

09年 新聞社 冬季賞与 妥結額

     年齢    要求額       回答額       前年比
・ 朝日 41 134万5817円 116万5722円 48万6388円減

・ 毎日 35 100万円      45万39円   27万8263円減

・ 読売 30  99万7238円  60万4116円 51万1513円減

・ 日経 30  97万979円   93万3575円  29万770円減

・ 共同 39 143万9700円 111万8000円  8万8000円減

・ 時事 30  85万9930円  62万5467円  4万2208円減

・ 東京 40 178万9409円 120万5773円  9万5177円減

・ 道新 40 130万5000円 112万3000円 17万9000円減

・ 山陽 35 165万円     116万円          3万円減

・ 愛媛 35 125万円     112万8982円 16万9228円減

・ 高知 36 120万円     113万6786円  6万4476円減

・ 琉球 41  94万8688円  68万5757円   1万454円減

・ 沖縄 38  83万532円   72万4005円    3533円減

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月 6日 (日)

本日、絶叫中。

あ~いにく~、ほ~んじつ~(←♪「本日、未熟者。」by 中島みゆき)




絶叫中。

何故かというと、…

今度、学生さん達とカラオケに行くことになったからだ! イェイ!

むしりとった衣笠(きぬがさ:元広島カープの鉄人)、じゃなかった、

昔取った杵柄で、

長渕の歌を YouTubeに合わせて、叫ぶように歌っている

(ちなみに今、実験の待ち時間中)

昔の曲は知られてないかもしれんので、

とりあえず、有名所の「とんぼ」

ちと、キーが苦しいか。

2度下げたら歌えそうだ。

ついで、「蝉semi」(昆虫シリーズと勝手に呼んでいる)

これは、オリジナルキーでいけそう…

あと、ジャニーズ系も押さえとこ。

ジャニーズっつても「宙船」(TOKIO)は中島みゆきだかんね。

TOKIOは「青春」っていう曲も長渕にもらってんのね。スゲェー。

ま、両方ともセルフカバーされてますが。

あとは、ガーって時代遡って、

懐メロ大会になりそう…

まぁ、おじさん(44歳)の青春の思い出にお付き合い願うってことで、

よろしゅう頼んますわ(←誰に向かって言ってんの?)

のど飴買っとこ~っと。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年12月 5日 (土)

沖縄基地移転問題

色々取り沙汰されてますが、まずは「事実」をおさえましょうや。

アメリカ海軍のHPに掲載されている文書(英語です、もちろん)

STATEMENT OF
ADMIRAL TIMOTHY J. KEATING, U.S. NAVY
COMMANDER
U.S. PACIFIC COMMAND

6頁目に8000人の海兵隊を2014年までにグアムへ移転させることが明記されてます。

ちなみに、これくらいの英語が読めることが、英語教育にとって大切なことでしょう。

短いけど、取り急ぎこれだけ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月 3日 (木)

ミュージシャンへの道

中学・高校とずっとギターを弾いていた。

やり始めたそもそもの動機は

女子にモテたい!」(←ほとんど『稲中卓球部』のノリ)

ただ、それだけ。っつうか、小6の頃、中1の先輩達のバンド演奏聴いて

「こんなんできたら、モテるやろな~」

と思ったから。

(そういや、英語の塾に通い始めたんも、「先生が美人」だったからやったな)

ちょうど、長渕剛がデビューして間もない頃。

田舎ではギター教室なんてものも無く、

教則本を買って、ひたすら自己流で練習してた。

入門の定番は、かぐや姫の「神田川」、風の「22歳の別れ」

他、アリスとか甲斐バンドとか…さだまさし、サザンオールスターズとかもあったな

NSP…知ってる人いるかな?

長渕の曲では、やっぱつま恋でグランプリもらった(確か)「純恋歌」から入って、

初期の頃のアルバムの曲はほとんどカバーしとったな。

一番のお気に入りは 「素顔」(ちと暗いけど)

テクニックで魅せるのが「夏祭り」

これ、きっちり弾けるくらいまではなってたんやけど…

浪人生活をきっかけに、ギターから離れてしまった(寮は楽器持ち込み禁止)。

でも、最近またボチボチ弾き始めてます。

まだストロークでしか弾けないけど。

運動もできへんし、ギターの練習に励もうっと。

ぢゃね。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

折田先生像 外伝

恒例の折田先生像ですが、

いつもは入試のときに出現するのに、

この間のNF(KY大学の学祭)の時に鎮座されておりました。

毎年そうなのかは知りません。

息子がシャメを撮ったので、近々アップします。


入試のときのものに比べると大分クウォリティが低い気がしましたが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 1日 (火)

タイガーウッズ事故 考

夕べ家に帰ったら、ニュースでタイガーウッズが車で自損事故を起こしたという報道がなされていた。

お気の毒なことである。

だが、報道内容に疑問を感じたので、備忘録がてら記しておきたい。

事故そのものは、本人も怪我だけで済んだし、大したことでは無いと思う。

ただ、その事故が「不可解なもの」だと解説者(実際にはアメリカのレポーター)が言っていた。

不可解な点として、

1.慣れている自宅すぐ近くで起こったこと

2.ウッズを助けた奥さんが、ゴルフクラブ(たしかドライバーだと言っていた)でリアウィンドウを割ったこと

を挙げていた。

これらの何処がおかしい、不可解か、検証してみよう。

まず、1番。オイラが大学生の時、自動車教習所に通って、運転免許を取得した。このとき、授業で言われたこと。
「自宅近くは慣れた道だと思って油断するので、事故を起こす確率が高い。特に、長いドライブから帰ってきて、自宅近くまでくると、ほっとする。それが危ない」
というものであった。

実際の統計は知らない。ただ、そういう風に言われた。さらに、報道されているように、奥さんとケンカして、怒って飛び出したのなら、そういうとこで事故を起こしても、特段不可解とは言えまい。

2番目。ウッズが運転していたのだから、当然前に座ってたと思う。後部座席から超能力か何かで運転していたのでない限り。
フロントガラスと運転手の距離を考えると、ドライバーでフロントガラスを叩き割るということはとても危険なことではないのか?振り抜いたドライバーで、それこそウッズのド頭かち割る可能性がある。或いは折れたヘッドが当たるかもしれない。一番起こりやすいのは、割れたガラスの破片が飛び散ってウッズに降りかかること。
余程、腕に自信が無い限り、フロントガラスを割るという選択肢はないように思う。
こういったことを考慮すると、「リアウィンドウを割る」という選択をした奥さんは、誠にクレバーな方だと思わざるを得ない。

まー、なんでいきなりドライバー?と思うかもしれないが、自宅近くなので、一旦事故の様子を見て、ドライバーを取りに帰ったのかもしれない。

以上のような理由で、この事故が「不可解」というのは、非常にミスリーディングな表現だ。

しかし、それではマスコミ的には「面白くない」ので、上記のような報道になったのであろうと推測する。

かように、現在のマスコミによる報道はバイアスがかかっているので注意が必要だ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »