« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月27日 (金)

破滅への序曲

新自由主義、或いは、グローバリズムというなにおいて、社会のシステムがクラッシュする方向へ向かっている。

このやり方は、世界を「標準化」し、同じ価値判断、同じ生活様式を強要する。

そして、強いものが弱いものから搾取するシステムだ。

こういうシステムは危うい。

それは、先だっての「サブプライムローン」「リーマンショック」で皆薄々気づいたのではないか。

生物の世界と同様で、カタストロフィを避けるには、「多様性」を担保することが肝要である。

パソコンのデータだって、PCのHDだけじゃなくて、違うもの(外付けハードやCD,DVDにバックアップを取るではないか(例えが悪いか)。

現在行われている「事業仕分け」の根底には「新自由主義」が流れている。

中曽根首相以降、じわじわと新自由主義がはびこってきた日本では、今、確実に破滅への道を辿っている。

大体からして、デフレのときに「緊縮財政」をやるなど、経済の基本が全く分かっていない証左である。

潤っているのは大企業だけだ。

「消費税を上げる?」

ちゃんちゃらおかしいわ。

某自動車産業ばどは、輸出の際に「戻し税」を受け取っている。

国内で払った「消費税」は、外国で売るときにも価格に含まれている訳だが、この補填のために、政府が某企業に消費税を「払い戻し」することになっている。

この額が、国内で払った額より、多いのである。

つまり、大輸出企業は、消費税が上がるほど「濡れ手に粟」で儲かるのである。

それが「経団連」の目論見だろ。

その戻し税に当てるお金は、当然一般庶民が払った税金なのだ。

このことを肝に銘じておかなければならない。

民主党の中でも、新自由主義勢力は強い。

我々は、よく注意して見ておかなければならない。

勿論、大手マスコミは経団連の息がかかっているから(だって、広告主様ですから)

そこのところを念頭に置きながら記事を読み解いていかなければならない。

できれば、諸外国の(つまりは、日本のメディアのバイアスがかかっていない)記事を読むべきである。

英語なら、なんとか読めるだろう。

また、それくらいの「読む力」を身につけることがネット社会において我々が必要としていることだ。

挨拶や買い物、日常生活の「英会話」なんか習ったって、「国際人」なんかにはなれはしないのだ。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年11月21日 (土)

基礎研究は無駄か?

なにやら、どうやって選ばれたのかも分からない人達によって、どういう法的根拠に基づくにかもよくわからない「事業仕分け」が行われている。

科研費なども「見直し」の対象だそうだ。

また、スパコンやSpring8など、「社会の人々に成果が分かりにくい」ものは見直しの対象になるというのが、基本方針のようである。

そんなん言ってたら、オラの研究なんか、世間一般どころか、研究の世界でもよく分からんというか、自分でも何のためにやってるのか、他の人には「分かりにくい」「分からない」代物である。

最近の「分かりやすい研究」の代表例は、Y中センセーの iPS細胞の研究であろう。或いは再生医学。

しかしながら、これらの研究・成果は、遺伝子工学的手法がなければ、全くここまで辿り着けなかったものだ。

遺伝子工学的手法の確立につながる研究成果は、ワトソンとクリックによる(本当はもう一人いるけど)DNA二重らせん構造(とりわけ塩基対による相補的配列)の発見(発表は1953年)にまでさかのぼる。

50年以上も前のことだ。

このとき、彼らは将来この研究成果を医学に役立てようとして、研究を始めたかどうか、ということを考えてみればよい。

ほんとのところは、勿論分からないが、多分「否」であろう。

クリックは学究の徒であり、おそらく単に自分の「知的好奇心」をみたすためだけにやった。ワトソンは、どちらかというと「功名心」がモチベーションだったかもしれない。

果たして、こういうことが「仕分け人」達に理解できるだろうか?

多分、そんなこと思いも付かないであろう。

本来、基礎研究というのは、「競争」でもなければ「ビジネス」でもない。しかもやらなくても人間、死にはしないし、社会にとって必要不可欠のものでもない。実際、余裕のない所謂「後進国」では、ほとんどなされていないものだ。

我々基礎研究者の大多数を突き動かしているのは「自分の知的欲求」だと思う。

オラの分野でいうなら、「なんで、どのようにして、球形の受精卵から動物の複雑かつ巧妙な形ができあがってくるのか知りたい」、ただ、それだけである。何かの役に立てようとか、これで一儲けしようとか、考えてない。

今行われている「仕分け」は、あまりに近視眼的、ビジネス的であり過ぎる。しかも実際のところは財務省がシナリオ書いてる茶番という話も聞く。

最後に一言。

アホか

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月14日 (土)

膿が溜まってるのはどこ?

え~、骨折編はちょいと一休み(まだリハビリがあるよ)。

ネット徘徊してたら、香ばしい記事を見つけました。

天漢日乗さんとこでも取り上げられてますが。

この毎日の記者さんが罹っていたことが分かったのは、

 所謂「蓄膿症」でして、もうちょい医学的っぽい言い方では

 「慢性副鼻腔炎」

といいます。

講義のネタでよく使う(副鼻腔の説明に)のですが、

病名に「慢性」がついていることからも分かるように

「急に」なって、慌てて受診するようなものではないのですよ。かなり長いこと自覚症状があったはず。

夜間救急でCTって、どんだけ~って思うけどなぁ。

記事は以下
 ↓

鹿笛:ある夜、頭が重く、少し痛みもあったので内科を受診しようと… /奈良

膿が溜まってんの、副鼻腔じゃなくて、頭(脳)ん中じゃね?

自分でも「脳の病気」を疑っているのが笑えた。

昼間の普通の時間に受診しろよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

膿が溜まってるのはどこ?

え~、骨折編はちょいと一休み(まだリハビリがあるよ)。

ネット徘徊してたら、香ばしい記事を見つけました。

天漢日乗さんとこでも取り上げられてますが。

この毎日の記者さんが罹っていたことが分かったのは、

 所謂「蓄膿症」でして、もうちょい医学的っぽい言い方では

 「慢性副鼻腔炎」

といいます。

講義のネタでよく使う(副鼻腔の説明に)のですが、

病名に「慢性」がついていることからも分かるように

「急に」なって、慌てて受診するようなものではないのですよ。かなり長いこと自覚症状があったはず。

夜間救急でCTって、どんだけ~って思うけどなぁ。

記事は以下
 ↓

鹿笛:ある夜、頭が重く、少し痛みもあったので内科を受診しようと… /奈良

膿が溜まってんの、副鼻腔じゃなくて、頭(脳)ん中じゃね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月11日 (水)

骨折編~経過報告~その五

あい、

というわけで(何が?)

今朝、ギブスが取れました。

今回のギブスカッターさんは、前と違う人で

「いや~、慣れてないもんでー」

ってなことを、サラリと言ってのけるお方でした。

ま~でも大丈夫やろーって思ってたら、

キュイ~ン、ズコッ、キュイ~ン、ズコッ

ズコッ のところで

若干、イタイ。

皮膚は切れてませんでしたが。

ギブスの取れた右足と、この一ヶ月間、オラを支えてくれた左足を並べてみると

右足、細ーくなってます。

足首も動きません。

X線写真で見ると、骨折部は前に比べると少ーし骨化してるみたい。

でも、元の強度を回復するには、最低あと一ヶ月はかかるということで、

走ったりしてはならぬとのお達しでした。

教科書的には、あと2ヶ月なんですけど。

とりあえず、今日は一ヶ月たまった垢を落とします。

では。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年11月 7日 (土)

骨折編~経過報告~その四

今日は、大王様の高校進学のために、

某高校の学校説明会に行って参りました。

大変伝統のある学校なのですが、

大王様の中での優先順位は低く、

本人と神さんは、

別のガッコの説明会に行くため、

こちらは「そっちお願いできる?」というわけになりました。

そこへ行くには、悪名高き(時刻表通りに絶対来ない)市バスを利用せねばなりませぬ。

家から最寄りのバス停まで、普通に歩けば5分位ですが、

今のオイラでは20分位かかります(おまけにしんどいし、汗かくし…)

結局、バス停まで神さんが車で送ってくれました。謝々。

割とすぐに目的のバスが来て、乗り込んだのですが、

あいにくというか、予想通り混んでました。

立ってじっとしてる分には何の支障もないのですが、

若いオネイさんに、席を譲られました(生まれて初めて)。

しばらくすると、杖を持ったお婆さんが乗り込んでまいりました。

座席が空いてなかったので、手すりにつかまって立っていましたが、

なんか不安定で(揺れてるぞ、婆さん)、とっても危なっかしいので

「代わりましょうか?」と言葉をかけましたが、

オイラの松葉杖を見て、断られました。

二つくらいバス停過ぎたところで、席が空いてお座りになられました。

あー、見てる方が疲れるわ。

今日の運転手さんは
オイラが学生時代によく遭遇した、
パンチパーマにマスクして、乗客を怒鳴りつける人ではなかったので、良かったです。
勿論、とっても親切な方もいましたが。

10年くらい、市バスを利用してなかったので、
そういう人はもういないのかもしれません。

目的のバス停は「某高校前」という、まんまの名前でしたが、

校門までの距離が…(~前じゃねーじゃねーか)

汗だくになりました。

疲れた。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年11月 4日 (水)

骨折編~経過報告~その三

う~、さみー(寒い)。

オイラのギャグじゃなくて、気温が…ひ・く・い。


午前中のミーティング後、お弁当を買いに行くと、

学生のS君に会いました。

昨年度、ギブス姿で講義に来ていたので

「骨折君」と呼んでいた人です(間違ってないよな?)。

オイラの松葉杖&ギブスを見て

S「センセー、どしたんですか~?」

iMac「いや~、骨折したんだよー」


そのS君も右足を怪我してました。

彼の方は膝を固定してるので、

松葉杖で、とっても歩きにくそうです。

スポーツの秋ですが、

スポーツに怪我はつきものです。

オイラも中学のときは膝を痛めていて(膝関節周囲炎)、

90度までしか、曲げられませんでした。

今は、曲がりますが、骨が変形しているので(脛骨粗面が突出)

正座はむり~。

何事も「過ぎたるは及ばざるが如し」とは言いますが、

プレイしてるときに、そんなことは考えとらん、というのが実情。

好きでやってるんだから、全力でやって怪我したら

それはそれでしゃーないでしょう。

っつーわけで、このブログ読んでくれてる皆様、

S君のことも、オイラのことも

生暖か~い目で

見守ってやってください。

ぢゃね。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年11月 3日 (火)

骨折編~経過報告~その二

ハイ、受傷してから3週間がたちました。

相変わらずの「ギブス生活」「松葉杖生活」です。

「通販生活」は便利ですが、

「ギブス生活」「松葉杖生活」は不便なことこの上なし。

昨日なんかは、雨が降って、いかにも滑りそうなところを移動せねばならなかったので、

一層の注意が必要、そして遅い。

松葉杖で滑ってこけると、

今度は手・腕を骨折する可能性が高いのです。

というわけで

石橋を叩く」ように歩きました。



余談ですが、

先ほどTVを観ていたら(ほんとは、つけっぱなしのTV音声が耳に入ってきただけですが)

医療崩壊を防ぐために

「診療報酬の引き上げを」

などと、周回遅れ(3周くらい?)、或いはトンチンカン(死語?)

なことを一生懸命力説していました。

診療報酬の引き上げで、勤務医の待遇が改善されると言ってました。

え~っと、マジでそう考えているのか、きちんと対策はやってますよとのポーズかどうかは不明です。

脳内お花畑の人達は、幸せですな。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »