« イギリス出張 | トップページ | イギリス出張~その3 »

2009年9月 4日 (金)

イギリス出張~その2

さて、今回の学会場である。

Hinxtonというケンブリッジ郊外の街。ちなみに「地球の歩き方」の索引にも載っていない。チケットの手配を頼んだ旅行社のとこにも地図がない。

で、旅行社の人にもネットで調べてもらって、自分でも色々ネットで情報収集。

ちなみに、ヒースロー空港からHinxtonまでの交通費は「出ない」(日当で賄えとふざけたことを言われた)。

とりあえず、1日目はロンドン市内に泊まるので、空港からホテルのある場所まで移動しなければならない。Heathrow Expressを使えば速いのだけど「高い」。地下鉄乗り継いでトータル20ポンドくらいか。地下鉄路線図を見ると、空港から地下鉄だけで行けそうなので、そちらをチョイス。4ポンドで済んだが、一時間以上もかかってしまいました。

翌日は夕方までにHinxtonに着けばよいので、ロンドン観光でもとも思ったけど、やはり寝不足のダメージが大きく、動く気にならない。
仕方がないので、チェックアウトタイムの12時ぎりぎりまでホテルでダラ~っと過ごす。

ホテルを出て、イギリスの国鉄の駅があるところまで地下鉄で移動。

Liverpool Streetというターミナルで、なんと15もホームがある。

どこのホームからいつ出発する列車に乗ればよいか分からないので、駅員さんに質問。

「ワカラナイ、あっちの人に訊いて」(日本ではあり得ない)

”あっちの人”に訊くと、何やらはるか上の方を見ている。その目線の先には「電光掲示板」があった。日本でも新幹線の駅なんかにまとめて、何番線から何時にどこそこ行きが出るなんてのが表示されているが、この電光掲示板、とにかく高いところにある。地上3-4mくらい。なんぼイギリス人が日本人より背が高いっつっても、2m以上の巨人がごろごろ居るわけでもないのに、何故にそんなに「高い」ところにあるのか?
しかも「字が小さい」

というわけで、眼鏡をかけても視力0.7のオイラには、何が表示されているか全く読めない。
で、この駅員さんが言うには、7番ホームから、あと10分くらいしたら出るという。

ぼーっとしばらく待ってると、7番ホームにある電光掲示板に、次の列車の情報が。
「何か違うっぽい」
ので、乗り込もうとしてる人に訊いてみるとやっぱり、チ・ガ・ウ

別の駅員さんに訊くと、隣の8番でした。 あぶね~。

乗った列車は合っていましたが、学会場に着くにはまだまだなのでした。

|

« イギリス出張 | トップページ | イギリス出張~その3 »

コメント

>ポリさん
7番ホームと8番ホームの間の柱に突っ込むべきでしたか。
今回の学会場、周りに何にもなくて事実上、隔離されてます。ホグワーツみたいなもんです。

投稿: iMac | 2009年9月 5日 (土) 02時48分

イギリスだけに、そのままホグワーツにでも行ってしまいそうですね (^o^)

投稿: ポリ | 2009年9月 4日 (金) 10時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24769/31226787

この記事へのトラックバック一覧です: イギリス出張~その2:

« イギリス出張 | トップページ | イギリス出張~その3 »