« 衝撃 | トップページ | 無題 »

2008年4月29日 (火)

仕組まれた自由

ゴールデンウィーク直前に、リバイスの返事が返ってきて、とても嬉しいです。

これは、もう、「絶対お前は休むな」と言う、神(かみさんではない)の啓示かと…。

明日も一日中、講義と実習の上に、その後、馬鹿を相手に戦わなければならない。

というわけで、今日も人のブログからの引用です。
今の日本には、本物の民主主義も言論の自由もジャーナリズムもモラルも何もないってこと?どうなってくのかね、この国は。

以下、引用

「世界最低の国、日本」(2008年04月27日)

早朝、善光寺へ向かった。
Mちん、Tさん、F君、Yちゃんと5人で。

町には何台もの大型バスが乗り入れ、中国人が降りてくる。
僕らがそれぞれ旗を作り、プラカードを作り、前日からカラオケボックスで寝ていたのに対し、彼らは中国大使館から支給された巨大な旗と、チャーターバスで堂々登場した。

善光寺参拝が終わり、街中へ。
とりあえず聖火リレー出発地点へ向かった。
ここで日本とは思えない景色を目にした。

出発地点に、中国の旗を持った人は入場できるが、チベットの旗を持った人は入れない
警察の言い分。
「危険だから」
じゃあ、何で中国人はいいんだ?
「......ご協力お願いします。」

は?
それやらせじゃん。
中国国旗しかない沿道って、警察が作ってるんじゃん。

この後TBSの取材が来た。
チベットサポーターの1人が、
「日中記者交換協定があるから映せないのか?」とアナウンサーに聞いた。
アナウンサーは「は?勝手に叫んでれば?」と吐き捨てて消えた。

街中に行くとどこに行ってもFREETIBETと叫んでいる。
そこに中国人が押し寄せ、罵声を浴びせてくる。

交差点で中国人と僕らが入り乱れた。
突然Mちゃんが顔面を殴られた。
僕は殴った中国人のババアを捕まえて、目の前の警察に言った。
「こいつ殴ったぞ!!」

警察は何もしなかった。

ババアが俺の手を噛んだ。手から血が出た。
警察と目が合った。
警察は何もしなかった。

ババアが僕の顔面を殴ってきた。
周りのチベットーサポーターが、「おい、警察、現行犯だろ、捕まえろよ!!!!」 と言ったのに、警察は何もしなかった

これが抗議活動中じゃなかったら、普通にブチ切れて乱闘になってる。
でも非暴力を貫く為、ひたすら耐えた。

Mちゃんが1日かけて一生懸命書いたプラカードを、中国人が叩き落とした。
拾おうとするMちゃん。踏みつける中国人
「おい、てめー何やってんだよ!」と制止に入った。
2mくらいの距離に警察がいたが、何もしなかった

街中いたるところで抗議合戦。
救急車が来たり大騒ぎ。
僕らはひたすら抗議活動をした。

雨が降ってきた。
それでも誰も抗議を辞めなかった。
中国人がかたまってる交差点を、Tさんと旗を振りながら渡った。
沿道の中国人は蹴りを入れてくる
とても沿道に入れず、車道を歩いていた。
警察が来て言った。
「早く沿道に入りなさい!!」

は?今入ったらボコられるじゃん。
なんで日本人の安全を守ってくれないの?
「じゃあ、あいつらに蹴りいれるの辞めさせろよ!!」と僕は叫んだ。
警察は「ご協力お願いします」と言った

雨の中、聖火リレーのゴール地点へ向かった。
何故か中国人とチベットサポーターに分けられた。
警察は、「後で聖火の方に誘導するから。」と言った。
嘘だった。
ゴールの公園の外の何も無いスペースにチベットサポーターは閉じ込められた。
聖火なんか、どこにもなかった。
目の前には警察が何十人も取り囲んでいた。
こんな場所じゃ、声すら届かない。
数百人のチベットサポーターは、泣きながら警察に向かって叫ぶだけだった。
国境無き記者団もこちら側に来させられていた。
代表がマスコミのインタビューに答えていた。

聖火リレーがいつ終わったのかも分からないまま、土砂降りの中僕らは叫び続けた。
この声を、伝えることすら出来ないのかと思ったら涙が溢れてきた。
MちゃんもF君も泣いていた。
こんなのってあんまりだ。
せめて伝えて欲しいだけなのに。
この叫びを聞いていたのは目の前に並んだ警察だけだった。

チベット人の代表が弾圧の現状を訴えた。
涙が止まらなかった。
内モンゴルの代表が弾圧の現状を訴えた。
涙がとまらなかった。

伝えたい。ただ伝えたいだけなのに、国家権力によって封殺された
悔しい。悔しい。

日本は最低な国だ。
平和だ、人権だと騒ぐ割には、中国の圧力に負けて平気でこういう事をする。
警察を使って。

帰りに携帯でニュースを見た。
「聖火リレーは無事終了。沿道は大歓迎ムード。」
「聖火リレーで日本人5人逮捕。中国人留学生に怪我。」

僕は愕然とした。
この国のマスコミは終わったと感じた。

あの怒号は、
僕らが受けた痛みは、
彼らの悲痛な叫びは、
どこに反映されたのだろう。

警察によって意図的に中国人のみの沿道を作り、
そこをマスコミは撮影し、
中国人の暴力を黙認して、日本人を逮捕する。

これが日本のやることか?
ここは本当に日本なのか?
中国の旗を持たないと歩けない沿道って何なんだ?

この国は最低な国です。
チベット人は泣きながらありがとうと言っていたけれど、
僕は彼らに謝りたかった。
初めて日本人であることを恥じた

帰り道、僕らは泣いた。

これが真実です。
僕は日本政府は中国以下だと思った。
弾圧にNOを言えずに、言いなりになって彼らの叫びを封殺したこの国は、もう民主主義国家ではない。

4/26日長野。
そこには言論の自由はなかった
歩行の自由すらなかった。
中国人を除いて

追記:どなた様も、転載の許可必要ありません。
マスコミの嘘つき。大嫌い。
FREE TIBET!!

これは、ミクシーの日記なので、ミクシーに登録している人しか観ることができませんが、何本もの動画が添付されていて、ここに書かれている通りの様子が映 されていました。中国人だけを沿道へと配置させ、チベットを支持する人たちは現場へ入れないように排除する警察官たち。そして、中国人たちの暴力的な振る 舞いをすべて「見て見ぬふり」をしている警察官たち。チベットの旗を持っていたニポン人の多くが、中国人に殴られ、蹴られ、多くのケガ人が出たのに、まっ たく報じないテレビや新聞。

皆さん、これが、今のニポンの政府です。これが、今のマスコミです。
自民党とナンミョー党による売国政権を終わらせなければ、あたしたちには、道を歩く自由すらなくなってしまうのです。


引用終わり

日本政府および大マスコミは、アメリカの犬だとばかり思っていましたが、ご主人様は他にもいたようです。


|

« 衝撃 | トップページ | 無題 »

コメント

>cqradioさん
いやいや、オイラもちゃんとMixiで観られると書くべきでした。
ネット言論界封殺の動きは我々がなんとしても止めなければならないでしょう。今のネオリベの蔓延が、我々より上の世代の怠慢によって引き起こされたということを教訓にしなければなりません。
「自由」は、我々が(全員でなくてもよいけど)不断の努力によって守っていかねばなりません。このままでいけば、KCSより酷い国家になる可能性もあります。実際、戦前・戦中はそうだったことがあるわけですから、日本は簡単にそういう道へ転がっていくでしょう。

具体的に大掛かりなキャンペーンなどは考えていませんが、こうやってブログや周りの人との日常会話の中で、草の根運動的に言論の自由を動きを奪う動きを阻止する意識を広めたいと思っています。

投稿: iMac | 2008年5月 1日 (木) 04時27分

iMacさん、

頓珍漢なコメントを書いてすみません。その文章はmixiで書かれたものだったんですね。早速、mixiのそのブログを見ました。アップロードされているビデオも見ました。中国人の暴行の様子を写した決定的なシーンはありませんでした。ただ、警察官が日本人だけを制止していたようで、これは不当な扱いのように思えました。「これは人権侵害ではないか」という問いかけに、警察官は終始無言でしたが、彼らは上からの命令には逆らえないでしょうから仕方ないでしょう。生活がかかってるし。現場の警察官を責めることはできないですね。警察官が不当な扱いをするように命令されたとすれば、誰が命令したのかをはっきりさせるべきですね。そして、責任者はそのことについて説明するべきでしょう。
ネットの言論規制の動きについては、注意したほうが良いですね。専門家ではなく、一般国民からのパブコメを募集しているときなどに、積極的に反対意見を出したほうが良いでしょう。ネット規制に関連したものではないですが、私も出したことがあります。一般国民からの意見募集の場合、専門的な知識は要求されませんので、自分の思うところを1時間ぐらいで書いて、電子メイルで送るだけですので手間もそんなにかかりません。誰でも自分の意見を表明できるネットは、政府にとってもマスコミにとってもありがたくない存在のようですから、規制したくてしかたがないようですね。規制の動きには反対していかないと大変な社会になってしまいます。

投稿: cqradio | 2008年4月30日 (水) 21時51分

>cqradioさん
Mixi内では画像もupされているようです。観てないけど。
あまり注目されてないけど、ネットでの言論の自由を規制する動きがありますね。オイラもそのうち捕まるかも…。

投稿: iMac | 2008年4月30日 (水) 08時17分

このブログを書いた人、ビデオを撮っておけばよかったのに。映像があれば説得力が違うでしょう。以前は、ビデオがあってもマスコミが採用しなければ広く国民に知らされることも無く、それでオシマイだったけど、今ならyoutubeもあることですしね。時代は変わった。まあ、政府が躍起になってネットを規制しようとしているのは、このあたりの事情も大きかったりして。

投稿: cqradio | 2008年4月29日 (火) 14時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24769/20644056

この記事へのトラックバック一覧です: 仕組まれた自由:

« 衝撃 | トップページ | 無題 »