« 雪だるま… | トップページ | キレる日々 »

2007年11月30日 (金)

こういうのって、どうよ?

どうも、おひさです。

ちょいとクレイジーな日々が続いておりますが、皆さん如何お過ごしでしょうか?

ネタが少し古いのですが、またまた「学力低下」云々が世間を騒がさせそうなので、

気になっていた記事を一つ。

元ネタはこちら(無断引用)

「子どもはなぜモンスターになるのか」(原題は「有毒な子供時代」)

と題する本が出るそうで(もうでたのか?)。

パっと見て気になった部分。

これらの現象を、インターネットの普及に代表される社会の急激な変化が子育てに及ぼす「副作用」ととらえ、経済学や心理学、栄養学、脳神経学など専門家の研究成果や知見を引用しながら説明した。

 例えば、学んだことは眠っている間に脳に定着する、魚の脂肪の摂取は注意欠陥・多動性障害(ADHD)の子供に効果的といった研究成果などだ。

なんで気になるかって?

どういう実験・調査をしたのか、この記事書いた人は元論文読んでるのかなってこと。

聞きかじったことをただ書くだけなら、小学生にでもできるだろう。

「効果なんてねぇよ!」っていう論文が以下。

A randomized, double-blind, placebo-controlled trial of docosahexaenoic acid supplementation in children with attention-deficit/hyperactivity disorder

Abstract
Objective: To determine whether docosahexaenoic acid (DHA) supplementation for 4 months decreases the symptoms of attention-deficit/hyperactivity disorder (ADHD). Study design: Sixty-three 6- to-12-year-old children with ADHD, all receiving effective maintenance therapy with stimulant medication, were assigned randomly, in a double-blind fashion, to receive DHA supplementation (345 mg/d) or placebo for 4 months. Outcome variables included plasma phospholipid fatty acid patterns, scores on laboratory measures of inattention and impulsivity (Test of Variables of Attention, Children’s Color Trails test) while not taking stimulant medication, and scores on parental behavioral rating scales (Child Behavior Checklist, Conners’ Rating Scale). Differences between groups after 4 months of DHA supplementation or placebo administration were determined by analysis of variance, controlling for age, baseline value of each outcome variable, ethnicity, and ADHD subtype. Results: Plasma phospholipid DHA content of the DHA-supplemented group was 2.6-fold higher at the end of the study than that of the placebo group (4.85 ± 1.35 vs 1.86 ± 0.87 mol % of total fatty acids; P < .001). Despite this, there was no statistically significant improvement in any objective or subjective measure of ADHD symptoms. Conclusion: A 4-month period of DHA supplementation (345 mg/d) does not decrease symptoms of ADHD. (J Pediatr 2001;139:189-96)

引用回数48 impact factor: 3.99

勿論、効果有りっていう論文もあるんでしょうけどね。

基本的にヒトを対象とした、この手の調査は厳密なコントロール取れないんで

データの取り方や解釈が恣意的になりがちだということ(効果有りってなってる場合)にご注意。

|

« 雪だるま… | トップページ | キレる日々 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24769/9179613

この記事へのトラックバック一覧です: こういうのって、どうよ?:

« 雪だるま… | トップページ | キレる日々 »