« テスト1 | トップページ | これって「ネタ」ですか? »

2007年5月16日 (水)

医師だって人間なんですけど…

某全国紙、数日前の記事です。このブログの読者で医師、あるいは医師を家族に持つ方、どうかこんな記事には負けないでください。

 医学生の息子を持つ東京都の塾経営、木下茂樹さん(57)は、「連載を読んで医療上の過失で医師が逮捕されたケースが4件しかないと知り、驚いた。『プロである以上、精いっぱいやりました』ではすまないはず」と主張する。

 都内の女性(52)は「多額の税金を使って医師として社会に育てられているのに、困っている患者が多い診療科を選ばないのは疑問」と記した。

「月6回の当直程度(大変だからと)医師をやめてしまうのか」

「『ありがとう』の言葉がないからくじけそうになるというのは、ひ弱すぎる」などの言葉も目立った。


医師だって人間です。全ての医師が「スーパードクター」や「赤ヒゲ先生」であるはずがありません。
成績がよくてプライドが高いので、ちょっとイヤな奴は平均よりは多いかもしれません。

塾経営者の方、生徒の成績が悪かったり、受験で不合格になったら、訴えられたり、逮捕されたりするんですか?

都内の女性(52)の方、勤務医の労働実態ご存じですか?

月6回の当直程度は大したことないですか?やってみてください。事実上の「夜勤」明け、翌日昼間普通に働くのですよ。ほんとに大したこと無いですか?

ありがとうって言うのイヤですか?金払ってんだから「患者様」ですか?イヤなら言わなくてもいいですけど、「くたばれ」「しばくぞ」「ぶち殺すぞ」「土下座して謝れ」とか言うのはやめてください。「強い」医師ばかりではありませんので。

|

« テスト1 | トップページ | これって「ネタ」ですか? »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 医師だって人間なんですけど…:

« テスト1 | トップページ | これって「ネタ」ですか? »