« デジスタ・プチ劇場 | トップページ | 取り急ぎ »

2007年1月10日 (水)

センター試験 監督 ホワエグなど

ホントは「年賀状大賞」やろうと思っていたのですが、あまりにあまりな出来事があったので、先にそいつから。

昨日「センター試験監督者説明会」なるものが開かれました。

今年度うちの講座からは2名出すように「指示」があって、去年2次試験の監督やったこと忘れてて、引き受けてしまいました。「正式」な時間外労働なので、手当もつくし、小遣い稼ぎにいいかと思っていましたが、

説明会の冒頭でいきなり
「昨年度まで払われていた(大学入試センターからの)謝礼が今回から一切払われなくなりますが、だからといって手を抜かないように」
と注意がありました。

あの~、すいません。
要するに休日に無給で労働しろってことですよね。
それってあからさまに労働基準法か何かに抵触してるんじゃないですか?

ちょっと
ここのブログ
のコメント欄でやり取りしてたんですが、
こんな違反行為を堂々としていいものかと感じたので
こちらでもエントリしてみました。

大体、センター試験監督って我々大学教員に課せられた(事実上強制)雑用の中でも
最もやりがいのない仕事です。
なんせ、不測の事態が起こったとき、
自分で考えて判断することが一切許されない
全て本部へお伺いへたてて、余計なことは一切してはならない。
そういう仕事なんです。

それでもウチの大学では
まだ時間外勤務手当が出ていただけマシだったかも。
先のブログのコメントにあるように大学によっては手当が支給されてなかったところも有った模様。
入試センターが大学によって「謝礼」を払ったり払わなかったりということは、あまり有りそうにないので、支給されてなかったところは、大学がピンハネしてたことになります。

今回からその「謝礼」もなくなるということは、時間外勤務手当の財源がなくなるということなので、ウチの大学でも手当がなくなるのでしょう。
そうでなければ、わざわざ説明会の冒頭で言う必要ないですから。

時間外働いても(超勤)手当無し。
大学教員や勤務医なら分かっているとは思いますが、こんなことはずっと当たり前にこの業界では行われてきました。事実上のホワイトカラー・エグゼンプション(ホワエグ)です。
夜の7時、8時から学位審査があっても手当は無し。

その結果、「労働時間の短縮」が実現したことはありません。
少なくとも理系の実験系、勤務医に関しては。
たいていの人がオーバーワーク、成果主義によるプレッシャーに晒されています。

その結果、家庭崩壊(離婚する人多いです。きちんと統計取ってませんけど)、身も心もボロボロになってうつ病、あるいは自殺する人が多い(前にも紹介しました「博士が100人いるむら」参照)です。
日本全体の自殺者が年間10万人当たり約24人(2004年)なのに対し、
博士号取得者のそれはおよそ8000人です。
労働実態はまさに「ホワエグ」です。

年始早々から
こんな発言

もあったりして

ちょっと大丈夫でつか?

って言いたくなります。

後は上記ブログの他の記事読んでみて下さい。他にも

この記事

も参考になるかな。


結局のところ、

こんな将来

が待っているということでしょうか。

ちなみに、一国の富が最大になるのは、その国の全ての労働者の利益(賃金?資産?)が平等になった時だそうです。(割と新しい経済理論のようですが、全世界規模でも当てはまるんでしょうか?)

すなわち、究極の資本主義は”理想的な共産主義”ってことになるのかな。

|

« デジスタ・プチ劇場 | トップページ | 取り急ぎ »

コメント

センター監督は大学教員の仕事だろうか? 受験場所を大学が提供するのは何故か? 大学進学率が過半数に達し、一部のエリートが大学に進学する時期ではなくなった今日、センター試験の受験場所は大学ではなく、高校でいいのではないか。
浪人生や進学者が少ない場合は、地元の旧国立大学が一部、実施場所を提供すればいい。
文部科学省が塾の存在を認めた途端、義務教育の教師は尊敬される教師から、単なる「躾係」へと地位が後退とした。
大学教員も、もっともっと研究活動に専念すべきだ。

投稿: kei | 2008年1月20日 (日) 18時39分

>ポリさん
早速のコメントありがとうございました。
研究者は元々こういう労働形態でやってますけど、ホワイトカラーじゃないような気がします。結構頭脳労働より肉体労働ですよね。ネズミとか細胞とか大腸菌の世話…。

オイラは確かに定職に就いてますが、任期付きです。再任可なんですけど、更新の時には今の教授が退官してるんで、どうなるか分からんです。

投稿: iMac | 2007年1月10日 (水) 19時42分

>ポリさん
早速のコメントありがとうございました。
研究者は元々こういう労働形態でやってますけど、ホワイトカラーじゃないような気がします。結構頭脳労働より肉体労働ですよね。ネズミとか細胞とか大腸菌の世話…。

オイラは確かに定職に就いてますが、任期付きです。再任可なんですけど、更新の時には今の教授が退官してるんで、どうなるか分からんです。

投稿: iMac | 2007年1月10日 (水) 19時32分

ニュースで「ホワイトカラー・エグゼンプション」という言葉を聞いたとき、なんだそりゃ?と思いましたが、よく考えたら、我々研究者はまさにそれですよね。・・・もしかして、ホワイトカラーじゃなかったりして。

 
その前に、ポスドクは「職」でもないですよね、日本では (-_-# フリーター?ニート?
 
 
iMac さん、定職に就いてるだけ、マシですよ~

投稿: ポリ | 2007年1月10日 (水) 18時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: センター試験 監督 ホワエグなど:

» 【必須!】肝に命じてください!・・・・ [自由のためかせいでいく・・・・]
       ■■投資家、サラリーマン、学生の方へ■■為替には、いろいろな手法がありますね。それでいて本当に儲けている方は、ほんの一握りです。しかし、こちらの情報は一味ちがいます。それはなぜか・・・・はい。それは、「2000億円運用の...... [続きを読む]

受信: 2007年1月23日 (火) 01時23分

» ホワイトカラーエグゼンプション【タウンワークネット@アルバイトタウンワーク】 [タウンワークネット@アルバイトタウンワーク]
ホワイトカラーエグゼンプションで残業代が出なくなります。 アルバイト、派遣の仕事は勿論、正社員は厳しいと思いますね。 でも、時間とか気ににしないでお店をやってるオーナーさんとかは、 自分が好きなことを仕事にしているわけですから、ウダウダ文句は 言いませんし、もっと高いビジョンを持って仕事をして いるんだと思いますね。 ですから、自分で選んだホワイトカラーなら...... [続きを読む]

受信: 2007年1月30日 (火) 20時56分

» ★ 株やFXで、「2億円」儲けたい方へ! [資産投資研究会]
★ 株とFXで20億儲けた男の、『投資の秘密』を見れる、最後のチャンス!                             ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ついに、あと「3日」で、終了です・・・「投資に興味がある」「やってみたい」「株やFXで、とにかく儲...... [続きを読む]

受信: 2007年1月30日 (火) 21時16分

» 休日について [休日について]
休日とは、労働契約において、労働義務のないものとされている日のことです。 [続きを読む]

受信: 2007年2月 7日 (水) 16時18分

« デジスタ・プチ劇場 | トップページ | 取り急ぎ »