« 年賀状大賞 | トップページ | テレビのやらせ等 »

2007年1月21日 (日)

センター試験に思う

先日から書いてあるように、今日はセンター試験の監督です。

実質、ただ働きさせられるのも不愉快なのですが、

この「センター試験」、やる意味あるのでしょうか?

そもそも「共通一次試験」として始まったこの試験、

入試の難問・奇問を排除するだけでなく、

所謂、「受験科目」以外もきちんと勉強させることが

導入の目玉だったと思うのですが、

「ア・ラカルト方式」を認めたことにより、その意義は半減

また傾斜配点による一次試験結果の軽視、
科目間の難易度差といった問題

最近では全国一律の条件で「リスニング」を実施するなどという

およそ非現実的な(そんなこと不可能)試験が行われている実態を鑑み

一体これは誰のための試験なのか、大いに疑問。

おまけに、入試センターから会場となる大学への「謝礼」も廃止。

というわけで、我々監督をさせられる教員は「無料奉仕」を強いられる。

しかし、受験料は取っているのだろう。

受験者数は去年より、増えているのでしょ。

なんて考えてたらこんな記事が…

金蔓としての基本法


なるほどね。

要は入試センターも文科省の天下り法人の金づるってわけね。

しかし、この人達は何のために

こんなにも金が欲しいのかね。

いくら金があっても

心が貧しい人達ですな。

|

« 年賀状大賞 | トップページ | テレビのやらせ等 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24769/5015511

この記事へのトラックバック一覧です: センター試験に思う:

» センター試験を廃止しろ [翻訳blog]
 1980年代のいつごろであったか、予備校の教員室で雑談していて、同僚の先生に [続きを読む]

受信: 2007年1月24日 (水) 16時42分

« 年賀状大賞 | トップページ | テレビのやらせ等 »