« 奈良妊婦死亡事故、その後 | トップページ | 必修逃れ問題 »

2006年10月30日 (月)

怪しい集団?

クリスマスやバレンタインデーより楽しいイベントだと思うのに、

何故か未だに日本ではマイナーな


  ハロウィン

オイラ達の家族もアメリカにいた頃、

初めてハロウィンの夜に赤の他人の家を訪ねるのはかなり、ビビリ入ってました。

子供達は2-3軒回ったところで、お菓子が貰えることに味を占め、途中から

"Trick, or treat!"

言う前にズカズカ家に入っていく有様。


そんなことはともかく、先週末に友達の家族が中心となってハロウィンやってました。

まぁ予め協力してくれる人、参加する人を募っておいてやったのですが、今年で4回目。

Minilantern

こんな飾り付け(ミニカボチャランタン)してたり





Photo

  こんなのも→




Hallowinwindow


これはアメリカで買ってきたもんだそうです










Momomother

お友達のお母さん、猫の仮装











Ojisan

これは何の仮装か分かりません

ってな感じで大人も結構楽しんでました

ちなみにうちのかみさんは魔女
「奥様は魔女」ってか(古い)。





Bat_daio

大王様は「吸血コウモリ」

オタ息子(中3)はドラキュラ

子供はほとんど小学生以下で、

行く前は「ダル~」とか言ってたくせに

ムチャムチャ嬉しそうだったオタ息子。


Children
しかし、通りがかりの人々は

ハロウィン仮装した子供・大人の集団見て、

かなり不審に思っている人もいました。



何人かは通り過ぎながら

思いっきりガン見してましたから…

それでも、ネットで調べてみると結構色々なところでイベントやってますね。

「ハロウィンもっとポピュラーにしよう会」
(ウソです。そんな団体ありません)

来年もやります。

|

« 奈良妊婦死亡事故、その後 | トップページ | 必修逃れ問題 »

コメント

なるほど~。そういうことならそれはとっても意味あることです。確かにご近所付き合いは希薄になってますからね。私の住んでるところは農村地帯なのでこどもたちのおじいちゃん、おばあちゃんが、まだまだそんな付き合いを続けてくれてます。通学路を歩いている子どもを見て声かけや注意したり「あの子はどこどこの孫だ」ということまで結構わかってます。慣れないうちはそんな風に自分自身も把握されるのがいやでしたが慣れました。こういうのは今では少数派なんでしょうから新たな町内の活性化策として面白いかも。NHKご近所の底力みたい!

投稿: ともとも | 2006年11月 2日 (木) 00時50分

>ともともさん
ハロウィンの由来はケルト人の「お盆」のようなものです。仮装は元々「悪霊」を追い払うためのもだったようですが、今は宗教的意味はほとんどなくなってしまっています。
僕が日本でもハロウィンが広まれば良いのにと思う理由はそれが失われつつある「ご近所付き合い」の活性化につながると考えるからです。
ちなみにうちでは「仮装」は材料買ってきて手作りでやりました。家族でワイワイ言いながら、仮装衣装を作ることを楽しみ、近所や友達の家族と一緒に街を歩いて楽しむ。
そういう「遊び」的なところが僕は好きです。

投稿: iMac | 2006年10月31日 (火) 19時05分

たしかにハロウィンは日本になじまないな~と私なんかも思っています。私の周りでは、そもそもどんな由来なのかも知らずに形だけ真似たりしてます。うちの次女の英会話クラブでもこの週のレッスンは少しでちょっとしたパーティをするのですが、みなさん○○ザラス等でそれなりのものを買って身につけたり力を入れています。私はそんなものを購入するのには「何でゴミになるもの買わにゃあならんの?」と抵抗していて今年はしぶしぶ豹がらにピンクリボンの猫っぽい耳を購入。センスとして許せたので・・・。かわいいので時々借りようと思っている。ん~でも、なぜにハロウィン???と疑問はなくらないのでした。

投稿: ともとも | 2006年10月30日 (月) 20時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24769/4008973

この記事へのトラックバック一覧です: 怪しい集団?:

» ガトーショコラとバレンタインデー [ケーキのレシピ ケーキの作り方]
こんにちは!突然のトラックバック失礼します。よろしければバレンタインデーについて情報交換しませんか? [続きを読む]

受信: 2006年12月 8日 (金) 15時31分

« 奈良妊婦死亡事故、その後 | トップページ | 必修逃れ問題 »