« 南国漫遊記(3) | トップページ | 「出来レース」と「美しい国」 »

2006年9月18日 (月)

南国漫遊期(3)おまけ+号外

前回、書き忘れたエピソードを一つ。

またまたA君のからんだ話なんですが、彼の会社は石油を扱っています。
M市を出発して自動車道にのる前に給油のために立ち寄ったガソリンスタンド。
A君の会社の看板があります。
どうやら、ここに石油製品を卸しているようです。

車を止めると、お姉さんが「いらっしゃいませ~」とやってきました。
ここでオイラの取った行動。

おもむろにA君の名刺を出し(勿論会社名入り、A君はおエラいさんです)、

「僕この人の友達なんだけど、ガソリン安うならへん?」














「なりません」
ソッコーで否定されました。しかも無表情。限りなく鉄仮面。そして背中に突き刺さる家族の冷たい視線。











軽くボケたつもりだったのですが、いかんせんここは関西文化圏ではありません。
「ツッコミ」の習慣はないようです。

とにかく滑りました。
セミナーや講義ででジョークが受けなかったときよりは恥ずかしくありませんでしたが。

以上が書き忘れたエピソードです。

---号外---
17日、バレーボールFリーグの公式戦がありました。これはFリーグ所属チームが月に1回3チームずつ、どこかの小学校に集まって試合をするものです。

いつも1シーズンに1-2勝しかしない、Fリーグ最弱を誇る我がチームが

なんと2連勝しました。

これで今期は既に4勝です。

最近若いアタッカーが加わったことが大きいんですが、うちのチーム練習量は多分リーグトップだと思います。徐々にレベルアップしてきているのが自分たちでも分かります。今まで「勝ち」という結果になかなか結びつきませんでしたが。

そういうわけで、今回は試合後の練習は無し。代わりに「祝勝会」を上げたのでした。

もうすぐ41歳。35歳から始めたバレーですが、まだまだうまくなりたいです。

|

« 南国漫遊記(3) | トップページ | 「出来レース」と「美しい国」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24769/3483018

この記事へのトラックバック一覧です: 南国漫遊期(3)おまけ+号外:

« 南国漫遊記(3) | トップページ | 「出来レース」と「美しい国」 »